丹波篠山・暮らしのツーリズム「ささやまな日々。」兵庫県篠山市の歴史・芸術・生活文化を体験できるワークショップやイベントなどを広く情報発信しています。


by sasayama-na-hibi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

2012年 02月 10日 ( 2 )

福の住む町、兵庫県篠山市福住(ふくすみ)で

古民家再生ワークショップがスタート!

江戸時代の旧街道、宿場町が会場です。

今回が第2回目の実施です。

a0146613_0561818.jpg


a0146613_0551940.jpg



前回の活動を紹介します。

a0146613_16521991.jpg


こちらが その建物です。

江戸時代の町家の造りで、奥に長く建物が続きます。

a0146613_16532138.jpg


ヘルメットを被り、作業着を来て、力仕事もします。

昔、この家はお店屋さんでした。

その名残で、昭和に造り増しされたコンクリートのブロック基礎が残っています。

それをみんなで撤去作業しているところです。

ここでの古民家改修は、「その建物が一番輝いていた時代に戻すこと」。

足し算で色々作り込むというより、

生活する中で付け加えられた色々をまず引き算で取り除いて行きます。

そうすることで、この建物が本来持っている柱や梁、土間などが見えてきます。

2月25日の第2回も引き続き、ここで活動します。

汚れてて良い服装でご参加くださいませ。

参加ご希望の方は定員がありますので、申込&お問い合わせくださいませ。

主催:福住地区まちづくり協議会、一般社団法人ノオト
申込:TEL 079−552−7373(一般社団法人ノオト、担当 安達)
[PR]
by sasayama-na-hibi | 2012-02-10 16:59 | イベント・ワークショップ
a0146613_0322037.jpg


丹波篠山産の黒豆と麹をすり鉢でごりごり・・・
むかしから家で使う調味料はお母さんやおばあちゃんが作っていました.
冬に仕込んだお味噌は冷蔵庫で寝かせて、秋に食べ頃を迎えます.
お昼ごはんでは丹波篠山福住産の新米とお味噌汁であったまりましょう

※定員満員になり、申込は終了したしました。ありがとうございました!

日 時:平成24年2月18日(土)11:00 ~ 14:00

場 所:さんば屋ひぐち(兵庫県篠山市福住370)
参加費:3800円(昼食込み)
定 員:20人
持ち物:エプロン、三角巾、マイ箸、味噌(1.5kgほど)をもって帰れる容器
※寒い季節になりますので暖かい服装でお越しください
講 師:大西ふさみさん、波部弘美さん

申込み:
2月15日までにお申し込みください(予約制)。
以下の2つのどちらでもお申し込み受付しています。

一般社団法人ノオト
079-552-7373(担当:田中)
toyoshige.tanaka@plus-note.jp

福住地区まちづくり協議会2030プロジェクト
080-6104-2264(担当:谷垣)
fukusumi2030@gmail.com

タイムテーブル:
10:45 受付
11:00 黒豆お味噌づくり
12:00 お昼ごはん
13:00 ひきつづき黒豆お味噌づくり
14:00 ティータイム


a0146613_0323474.jpg会場のさんば屋ひぐちについて:
昔は産婆さんが住んでいて、出産を迎える家があると自転車で
颯爽と駆けつけてくれたみんなの思い出の家、さんば 家ひぐち.
格子戸や土間の佇まいを残す旧宿場町にあります.京都から
篠山城下町をつ なぐ旧街道、ぶらぶら町並み 散歩もおすすめです
[PR]
by sasayama-na-hibi | 2012-02-10 16:43 | イベント・ワークショップ